ローン 借りれる関連

おまとめローンはどこで借りれるのでしょうか?

投稿日:2018年7月14日 更新日:

おまとめローンがどこで借りれるのかですね。
おまとめローンは、銀行か消費者金融で借りれます。

おまとめローンは誰でも借りれるのか?というと
条件はありますが、可能性は高いです。

おまとめローンの特徴の一つとして、
通常では審査に落ちるような条件、
多重債務者でも借りれるということがあります。

最大にして最強!と言える特徴ですよね。

なぜなら、それがおまとめローンの目的であり
おまとめローンをしたい人は、他に借り入れが複数あるか、
ローンが重なっている、クレジットカードやカードローン
キャッシングが重なって債務が膨らんでいる状態を
どうにかしたいと思っている人だからです。

そしてそのような方を救済する目的で作られたのが
「おまとめローン」なのです。

ですから、通常他に借り入れがいくつもあれば、
新たにローンは組めませんし、年収の3分の1までしか借りれない、
総量規制の対象になってしまうため、一括して、
複数のローンを返せるほどの金額は、借りれません。

そうはいっても、100万、200万、それ以上借りれるローンでないと
多重債務者は借金をまとめられない場合もありますよね。
その場合は、年収の3分の1しか借りれないなら、意味が無いのです。

これは私も経験がありますが、
例えばカードローンで100万、クレジットカードはキャッシングで50万、
その他のキャッシングや借入などでトータル100万、債務があったとします。
合計でざっと250万の借金を一気に返済できるには、250万を借りなければ
いけませんよね?
年収の3分の1までしか借りれないとしたら、
250万×3倍の、750万の年収でなければ無理です。
ハイ、この時点でアウトです。借りれません。

750万も年収があれば、250万の借金は頑張って返せるでしょう。
例えば年収が250万だったら、3分の一の83万までは借りれることになりますが
250万の収入の方が83万返すのは、結構大変です。

750万も稼げるというのは、何かしら資格や技術があるか
またはそれほど給料の良い企業に勤めているか、
一般より高給取り、ということは単価も高い、ということもあると思います。
正社員ですと時給ではなく成果報酬であったり、元々決められた金額で
単価も決められるので、残業すればそれだけ、収入も増えやすいですよね。
もう少し頑張れば給料を上げる事も出来るかもしれません。

でも250万の年収の方は、そのような環境にないと思います。
私もそうだったので、よくわかります。
正社員でもない、派遣やアルバイトである可能性が高いわけですよね。
そうなるとボーナスもないし、特別何か報酬が得られる環境にもない、
残業をしても(出来無い場合もありますし)もともと時給単価が低いので
そこまで稼げない、収入は増えにくいと予想がつきます。

このような状況から、年収が低ければ低いほど、
数ある他社借入をまとめて全額払えるほど
お金を借りれるのは難しいと言えます。
これが、総量規制の壁でした。
この壁をとっぱらったのが、おまとめローンです。

おまとめローンは、銀行が有名ですが、
今では消費者金融なども参入してきました。
おまとめローンの場合は、他社借り入れがあっても
借りれるというメリットがあります。
銀行のおまとめローンは金利も低く、通常では借りれないような
他社借り入れがあっても、おまとめローンだけは借りれる可能性が高いのです。

おまとめローンのメリットは、低金利で大口の契約ができる、
複数のローンをまとめて、金利を下げ、支払い総額が減るという点です。

毎月3社の返済総額が15万、収入が20万だったら
生活費をまた借りて、いつまでたっても減りません。
この3社のローンをまとめて、毎月5万ずつおまとめローンとして
返していければ、とても生活が楽になり、また新たな借り入れを
する必要もなくなる、ということが最大のメリットです。

逆にデメリットは、おまとめローンは一度契約した金額を借りたら
それ以上借りれる、ということはありません。
いわゆる普通のカードローンは、何度でも借入が出来ますが
(もちろん借入限度額以内で、ですが)
おまとめローンの場合は、最初の契約時借り入れた分のみ、
おまとめする借金総額のみ、返済専用のローンであるという点です。
(実はデメリットではなく、返済専用だからこそ、完済に間違いなく近づける
と言う意味ではメリットですが)

また、何社でも際限なくまとめられるかというと、
そういうことはありません。
いくら銀行のおまとめローンが他社借り入れがあっても
契約できるとはいえ、さすがに借りれるのは3社くらいまでの場合です。
これはおまとめローンの審査に通るかどうかの、上限借入件数となります。
もちろん少ないほうが良いですが、最大でも3件までなら
おまとめローンの審査に通る可能性が高いです。
おまとめローンは、銀行ならどこもあると思いますが
どこでもおまとめローンは総量規制対象外という扱いなので
ローン相談窓口で相談してみると良いですよ^^

また、ネット銀行でもおまとめローンとして使えるものもあります。
例えば楽天銀行のスーパーローンは、おまとめローンとして利用OKと
公式でも書かれています。
ということは、他社借り入れがあっても通りやすいということだと
言えるでしょう。

もし、4社以上借り入れがある場合は、銀行ではなく
消費者金融のおまとめローンを頼るとよいでしょう。
この場合のデメリットは、例えばアコムACマスターカードプロミスなどが
おまとめローンとしてなら、例外的に
総量規制対象外で借りれる
のですが
やはり銀行のおまとめローンに比べると
金利は高くなりますので、注意です。

しかし、消費者金融でまとめた分を、銀行の借り換えローンで
安く借り換える方法もあります。
こういうときは銀行のローン相談窓口を利用しましょう。
金利を少しでも下げて返済を楽にしたい、ということであれば
相談に乗ってくれます。
銀行の方が金利は低く、金額も大きく借りれますので
楽になりますからね。

ただし、ここでも注意なのは、
おまとめローンや借り換えローンとして借りる場合は
返済専用のローンにした方が安全ですし、審査も通りやすいと言えます。
私はおまとめとして、おまとめローンではなかったですが
用途は他社返済のまとめるため、金利を下げたいからという理由で
ネット銀行のローンを申し込みました。
でも、返済専用ではなかったので、金利は高く、まとめようとした
金額は借りれませんでした。
中途半端な額のローンカードを手に入れ、当面楽になったものの、
借入限度額まで借りてしまい、また借金返済地獄にはまってしまった、
という体験をしましたので、あなたには心から注意しておきますね。

--スポンサードリンク--

それからもうひとつ、最後にお伝えしたいのは
クレジットカードはショッピング枠の分は、
おまとめローンの対象にはなりません。
これは借りたお金、とは見なされないので、おまとめローンに
できないのだそうです。
私は過去、100万近いショッピングローンの返済が
毎月どんどん増えていき、60万になってしまったことがあります。
これをおまとめにしたかったのですが、この時相談した銀行で
聞きました。
でもどうしても現金がなく支払えないということであれば
その分をキャッシングして返し、そのキャッシングした分を
おまとめローンで返す、という2段構えの方法で返したのでした(^^;)

ということでまとめますと。。

おまとめローンを借りれるのは
銀行か、消費者金融になります。
おまとめローンの場合は、総量規制対象外になるので
年収の3分のⅠ以上であっても借りれるのですが
銀行では最大でも3社までしかまとめられません。
それ以上は消費者金融になりますが
消費者金融では金利が銀行より高いので注意です。
また、クレジットカードはショッピング分のおまとめは
できませんので、こちらの返済はフリーローンで
返し、その分をおまとめにする、、、ということは出来ます。

どうしてもおまとめローンが組めず、
返済出来ない!!と言う場合は、
迷わず債務整理の任意整理をしましょう。
自己破産ではないので、ばれません。
弁護士さんの無料相談をお願いできる、
法テラスなどで相談可能です。

頑張って借金地獄から、脱出しましょうね!

まとめローンを借りれるでしょうか?

まとめローンを借りたいけれど借りれるかにつきまして
まとめローンやおまとめローンと呼ばれるローンは
比較的借りやすいといえます。
ただし借りれるかどうかは、あなたの状況次第です。

おまとめローン、まとめローンとは、
その名のとおり、いくつかの他社債務、他社借り入れを
ひとつにまとめるローンの事です^^

私もお世話になりましたが、とても助かります☆

通常2箇所や3箇所も借入先があると
月に3回、支払い日(銀行口座から引き落としや
振り替え、振込みなど)が発生しますね。
毎回5万としても、15万。
振り込み手数料や、消費税、金利など
個別に発生しているので、それだけでも
全額で計算するとけっこうな金額になります。

これが3箇所でなく1箇所にまとめられたら、
合算した総額から金利が計算され、毎月の支払いも
一回ですみます。

15万が10万になっても、かなり楽になりますよね。

私も毎月毎月収入と同じくらいの返済に追われ
給料が右から左へ出て行き、常に現金が無い、
それどころかマイナス、という生活でした。

こんなときは少しでも支払いが減れば
本当に気持ちの上でも余裕が出てきます。

常にお金を払うことへのストレスや、
ギリギリで返しているため、仕事を一日たりとも
休むことが出来ないというキツイ状況を
生み出していましたから、
それが少しでもなくなることは
色々な意味で、軽くなるのですよね☆

私はまとめローンを組むときに、
金利が低いところを探して、申し込みました。
まとめローンという商品ではなかったのですが、
フリーローンで100万まで借りれることが出来たので
100万までの借金をまとめることが出来ました!

この時はSBIネット銀行が金利が9%と低かったので
申し込みましたが、私のクレヒスや信用情報など
スコアがあまりよくなかったのでしょう。。
9%ではなく、14%の方になりました。
希望していた200万でもなく、100万でしたが
他社借り入れがあったので、100万でも
借りれたことに感謝でしたよ!!^^

大きな支払いが減ると、あとはなんとか
まわしていけたので、支払いが延滞する事も無く
それからはスムーズに生活できたのでした。

あなたがまとめローンをお考えであれば
私もせひ、オススメします!

一番のオススメはもちろん、銀行のローンです。

「銀行のローンなんて敷居が高い」
「きっと審査が厳しいから通らない」
と、不安になっているかもしれませんね(^^;)

私もまったく同じ心配をしていたので
そのお気持ちはよくわかります!

確かに銀行のローンは審査も厳しく
ハードルは高いかもしれませんが、
実はおまとめローンに関しては、
銀行のローンのほうが通りやすかったりします。

他社借り入れがあることがすでにわかっている状態ですし
その上で審査しますので、他社借り入れがあっても
大丈夫です。
それに、まとめローンをするということは、
総量規制対象外でまとめる分の金額を借りなければ
全額まとめることができないので、
まとめローンに関しては、総量規制対象外で借りれるのです。

これはとてもありがたいですね☆
100万の借り入れが3件あって、300万のまとめローンをしたい、
でも年収が400万だったら、総量規制対象の場合は
絶対に300万は借りれません。

これが、まとめローンの強みであり、特徴でありメリットですが
まとめローンの場合は、年収の3分の1までしか借りれないという
規制が外れるので、大丈夫なのです☆

これで、晴れて300万のまとめローンを借りれるということですね!

もし不安なことがあれば、銀行のローン相談窓口で
まとめローンをしたいと相談してみてくださいね☆
専門の担当者が、どうすればよいか、返済シュミレーションも含めて
相談に乗ってくれますから^^

銀行でまとめローンが出来るのは、3社までと言われていますので
4社以上ある場合は、消費者金融も使うと良いです。
4社のうち、金利の高い、額の大きいものを3つ、
銀行でまとめてひとつにして、
あとの数社は消費者金融カードローンでまとめるのです。
借り換えですね。
できれば金利は低いほうがよいですが、消費者金融は
相場が最大18%の利息なので、あまり低くはないかもしれません。
それでも借り入れ件数が減れば、それだけ楽になります!
支払い総額も、金利もまとめた分。ぐっと減るはずです。

あとは、収支のバランスを見ながら、金利の高い方をなるべく多く
早く返して行き、金利が膨らまないように注意しましょう。

そして、新たな借り入れを増やさないように、くれぐれも
気をつけていくことですよ!

せめて消費者金融で借りた分は完済してから、
必要であれば、金利が低い銀行で、借りましょうね☆

ちなみにまとめローンをする時は、
普段給与振込口座などにつかっている銀行を選ぶと良いです。
収入が入っていることが確認できますし、
延滞無く支払ってきているなら、信用度もあがるからです。

これを機会に、銀行との繋がりをもつという気持ちで
担当者とも仲良くなって、色々相談してみると、
いいかもしれませんよ^^☆

まとめますと

借りれるまとめローンは、銀行がオススメ!

・銀行でまとめられるのは3社まで
・それ以外は消費者金融でまとめる
・なるべく件数を減らすこと
・銀行のまとめローンは、日常使いしている
給与口座のある銀行を選ぶ

となります☆

一日も早く、スッキリとおまとめできますように!^^

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
久宝敬美

久宝敬美

新次元キャッシングライフアドバイザーの久宝敬美です。


キャッシングの即時発行でお悩みならお任せください。
これまでわたし自身、キャッシングやカードで様々な悩みを抱え、そして1つ1つ解決してきました。


ですので、あなたの苦しみや悩みは、痛いほど理解できます。


あなたと同じ目線に立ったアドバイスが可能です。
専門のカウンセラーがあなたの抱えた悩みをあらゆる角度から解消いたします。
個人情報は厳守しておりますので、1人で悩まず”今すぐ”ご相談くださいませ。

-ローン, 借りれる関連

Copyright© キャッシングカードローンランキングドットコム , 2019 All Rights Reserved.